これまでに寄せられた「市民の声」

キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.保育施設のオムツ持ち帰りについて(令和4年3月)

A.ご提案・ご回答

●提案内容等
 名古屋市は使い終わったオムツは無料回収すると何年か前に話題になり、なかなか実現していないようでしたが、この4月から孫の保育園でも回収が始まるとの事。
 しかし、それはオムツも保育園で用意して、毎月集金する制度でそれを断る人は自分で持ち帰りのようです。それはおかしくないでしょうか?
 令和2年の名古屋市の施策にはオムツ処理の予算が組み込まれていました。名古屋市から出される補助金は皆平等ではないのですか?それとも保育園独自の采配に任せているのでしょうか?保育園とオムツ業者さんの持ちつ持たれつの関係でいいのでしょうか?働く親達や保育士さんの苦労を少しでも改善との事での決定事項ではなかったのでしょうか。

●回答
 使用済紙おむつ処分につきまして、「市民の声」にてお問い合わせいただきました。
 ご質問にある通り、本市では令和2年度より民間保育施設に対し、使用済紙おむつ処分等にかかる費用の補助を行っております。
 この事業は、施設が使用済紙おむつを廃棄物回収業者等に回収・処分してもらうための費用、回収されるまで施設において衛生的に保管管理していただくために必要な費用(コンテナ等の購入費用)について、施設からの申請に基づいて補助を行うものです。
 当該補助金を申請する場合は、保護者負担金なしで、その施設で生じる全ての使用済紙おむつの処分の実施が求められます。一方で当該補助金を申請しない場合は、各施設で定められた保護者負担金等のルールに則り処分等を行っていただいております。ご質問にありましたおむつの定額制サービスについても施設独自のサービスという扱いになるため、当該補助金を申請しない施設の場合は、利用しない方に持ち帰りを求めることも考えられます。
 令和4年4月からの補助金申請については今後、施設に提出を求めることとなります。その際、いただいた意見を踏まえ、適切に補助金の執行に努めてまいります。ご意見いただきありがとうございました。
回答課:子ども青少年局保育企画室(電話番号:052-972-2524)

属性情報

分類
子育て・教育  >  保育
ID
43375
更新日
2022年05月02日 (月)
アクセス数
1,763
満足度
☆☆☆☆☆
この市民の声はどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿