これまでに寄せられた「市民の声」

キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.消防局の戸別訪問について(令和3年4月)

A.ご提案・ご回答

●提案内容等
 世間では再びコロナが猛威を振るい始め、警戒段階が徐々に引き上げられ、コロナまん延防止等重点措置が施行されるまでとなっています。愛知県もコロナまん延防止等重点措置が始まるようです。またテレビを拝見していますと東京、大阪等では緊急事態宣言も発令も止むを得ずという声も出ています。愛知県、名古屋も他人事ではないと思います。
 私は名古屋市民ですが、先日インターネットのとある掲示板で納得できない事が書かれていましたので確認を込めてお尋ねいたします。このようなコロナ騒ぎの中、名古屋市の消防局ではコロナ対策よりも最優先するものがあるらしく自主防災という名目で、近々大規模な戸別訪問をする予定があるとの事。これが本当ならば今のタイミングで何故ですか?

●回答
 南海トラフ地震等の大規模災害の発生が懸念されている中、名古屋市が行った市民へのアンケート結果では、家庭における「命を守る」ための防災対策として、寝室の家具転倒防止を行っている市民は約3割程度と停滞しております。
 こうした状況から、地域防災力の一層の強化は本市の喫緊の課題であることと捉えています。消防職員等が直接市民の皆様とコミュニケーションを取り、防災用品の配付をきっかけに、家庭の防災対策として特に家具転倒防止対策の実施を強力に働きかける目的で本事業を行っております。
 本事業の実施に際しましては、新型コロナウイルス感染症の感染防止対策として、マスクやフェイスシールドの着用をはじめ、手指消毒などの基本的な感染防止対策を徹底したうえで、該当学区を訪問させていただきます。
 また、対面での対応を望まない方々に対しましては、面会によらない非接触の体制で防災対策の必要性をお伝えしていきたいと考えています。
回答課:消防局消防課(電話番号:052-972-3543)

属性情報

分類
消防・防災  >  防災
ID
43271
更新日
2021年05月31日 (月)
アクセス数
659
満足度
☆☆
この市民の声はどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿