これまでに寄せられた「市民の声」

キーワードで検索

複数のキーワードをスペースで区切って検索できます。

Q.高額療養費の申請手続きについて(令和2年6月)

A.ご提案・ご回答

●提案内容等
 高額医療の差額を月により返還を受けるときがあります。例えわずかでも大変ありがたいのですがその手続きに少し疑問です。役所より〇月分の医療費に返還分があるハガキが来ます。そのハガキと保険証と身分証明と領収書と印鑑等々を持参して区役所の窓口へ申請します。その時にハガキに振り込み日を記入して返却されます 数日後に改めて正式振り込みの通知が来ますがこのような処理が必要でしょうか?すごく無駄な経費と事務処理だと思います。計算書と振り込み通知だけでいいと思いますが如何でしょうか?

●回答
 本市では、高額療養費に該当された場合には、従来の窓口申請を前提とした「勧奨はがき」による申請勧奨に代えて、郵送受付を基本とする「ターンアラウンド方式」による申請勧奨を令和3年11月から行っております。
 具体的な手続きといたしましては、診療の3~4か月後に、「被保険者証の記号番号」、「対象者名」、「受診医療機関」、「支給予定額」等の必要事項をあらかじめ印字した申請書(返信用封筒同封)を区役所・支所から郵送しますので、申請者名及び口座番号等をご記入いただき、返信用封筒にてご返送いただきます。

(令和3年3月、令和3年12月修正)
回答課:健康福祉局保険年金課(電話番号:052-972-2568)

属性情報

分類
健康・医療・衛生  >  健康保険
ID
3346
更新日
2021年03月12日 (金)
アクセス数
272
満足度
☆☆☆☆
この市民の声はどのくらいお役にたちましたか?
  • 役に立たなかった
  • 役に立った

投稿